IMG_1546.jpg

本当の物語を生み出す工場

1963年に建てられた歴史ある建物。初めての東京オリンピックの際には数ある名勝負の計算センターとして使われた場所。本当の(Fact)、物語(Story)を生み出す工場(Factory)でありたい。そう願いを込めてFactoryと名付けられたスペースです。Eテレ子供番組やTVCM・ミュージックビデオなどを手がけるクリエイティブ会社 DRAWING AND MANUALが1999年から撮影スタジオとして使用していた場所を開放しました。アート、デザイン、広告、音楽、パフォーミングアーツ、ディスカッション、ワークショップの境目を無くす場所として定義し、毎月一回の活動を続けます。これからこのFACTORYで小さくて価値が詰まった展覧会、自主映画や短編映画の上映会、熱意溢れる劇団の舞台、絵本の読み聞かせ会やアートのワークショップ、専門的なトークイベントまで独自の自主企画を開催していきます。楽しくていつの間にか学べるような内容をたくさんお届けいたします。

2019年シーズン プログラムディレクター 菱川勢一


Fact+Story=Factory

Located in the architecture built in 1963, the space was used as a real-time results service center for 1964 Tokyo Olympics and delivered so many dramatic games from here to the world. We named it "Factory" wishing to become a true story factory. The former studio space of DRAWING AND MANUAL, the creative firm produces TV commercials, music videos and visual works for ETV educational programs, is now open for public as a space which breaks down the boarders between art, design, advertisement, music, performing arts, discussion and workshop. From now on, we will produce various kinds of original events; small but significant exhibitions, original or short film screenings, enthusiastic theatricals, book readings for kids, art workshops and talk events by specialists. Let's have fun and learn with us at our Factory.

Program Director Seiichi Hishikawa